虫歯、歯周病、知覚過敏や口内炎、お口の痛み、
悩みなどございましたら、ぜひご相談してください。

診察内容

むし歯

むし歯とは、むし歯菌の出す酸によって、歯が溶かされる病気のことです。 むし歯になってしまった歯を放っておけば、ますます悪化して、最後には歯根だけになり、やがて歯を失うことになります。むし歯で歯に穴があくと、自然に治すことはできませんが、早期発見・早期治療に取り組めば、それだけ歯を長持ちさせることができます。

歯周病

歯の表面に付いた歯石や歯垢の中にいるバイ菌が、歯と歯ぐきの境目から侵入し、歯を支えている組織に炎症を起こしながzら次々に壊していき、ついには骨まで溶かしていく病気です。 歯周病は、症状がかなり進むまで痛みを感じないため、気づいた頃には手遅れで、歯を失ってしまうという場合も多く見られます。早めの治療や歯のクリーニングをして歯石を取り除いて予防していくのが一番大切です。

知覚過敏

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに、歯が「痛くてしみる」といった一過性の痛みを感じる症状です。知覚過敏は、むし歯や歯周病などにも関連しており、しみる・痛いというのは、歯が教えてくれている危険のサインですのでそのままにせず、診察をお勧めします。

お口の痛み・悩み

むし歯や歯周病以外のお口の痛みや違和感を感じた場合、歯ぎしりや口臭などの悩みなど、お気軽にご相談ください。

ページトップへ